検索

操作ログ管理が情報漏洩対策と業務可視化で企業を健全にする

昨今、テレワークをはじめとする様々なオフィス環境の中で、会社や従業員の安全を守るために働き方を可視化する必要があります。
可視化するために必要な証跡管理のひとつにログ管理がありますが、ひとえに「ログ」と言っても様々な種類のログがあります。

その中で一番、従業員のデスクワークを把握することができるログは何でしょうか?

ラネクシーはクライアント操作ログだと考えます。なぜなら、日々利用する端末に従業員の業務が集約されているからです。

クライアント操作ログを収集・管理することで、詳細な従業員の業務状況を把握することができます。
情報漏洩対策においては、操作ログが導入されていることにより、不正やミスへの抑止効果があり、さらに、もしものインシデント発生時には、その原因の追及を実現します。
また、日々の業務状況を把握・分析することで、業務改善や効率化への指針とする事が可能となります。

ピックアップ

動画一覧

  • 「働き方改革」をサポートするログ管理
  • MylogStarで標的型攻撃対策をサポート
  • MylogStarでランサムウェアを把握する 
  • インターネット分離とログ管理で実現する「自治体情報セキュリティ」
  • MylogStarで「PCI DSS」準拠をサポート
  • マイナンバー対策に必要なログ管理とは?
  • ログ管理でセキュリティ予防
  • そのクライアント操作ログ管理ソフト それって本当にシンクライアント対応?
  • MylogStar 連携製品
  • MylogStar 特集コーナー
  • 情報漏洩対策を考えるマイログコラム
TOP