ログ収集力

ログ収集力

ログ管理を行う際、必要なログが収集できていなければ、証跡としての保存や分析もできません。MylogStarは、OSのカーネルレベルでログを取得しており、他のログ管理製品では取得できない操作も把握できます。精度の高いログを取得できる為、情報漏えい対策や業務改善に有効活用いただけます。

OSカーネルレベルでのログ取得

MylogStarはOSのカーネルレベルでファイル操作ログを取得しています。このため、ファイルシステムに則ったファイル操作であればGUIやCUI(コマンドプロンプト)に関係なく取得が可能です。MylogStarはアプリケーションや環境へ依存せずに、OSの挙動を正確にログ化することが可能です。

 クライアント操作15種類の情報を取得

MylogStarは、ログイン/ログオフやファイル操作をはじめとする、証跡管理に必要なログをすべて取得することが可能です。EメールやWebアクセスは、通信パケットを記録しているため、ネットワーク経由で何が行われているのかなども把握できます。必要なログをすべて収集すること。これがログ管理の第一歩となります。

コンピューターログ
コンピューターの電源ON・OFF(「パワーオン」「パワーオフ」「サスペンド突入」「サスペンド復帰」)を記録。
Eメールログ
件名、メール送受信アドレス(from、to、cc、bcc)、送受信時刻、本文、添付ファイル、メールサイズ、添付ファイル名、添付ファイル数を記録。
クリップボードログ
コピー時のアプリケーション名、クリップボードの内容(文字列やファイルパス)を記録。
ユーザーログ
ログイン/ログオフ、実稼働時間、リモート接続元IPアドレス/ホストを記録。
Webログ
URL、ページタイトル、ホスト名、取得時刻、アクション(GET、POST)を記録、SSL/TLS対応。
TCPセッションログ
指定したポートを監視し、TCPセッションが確立した通信について、送信元および送信先それぞれのIPアドレスや通信ポートを記録。
アプリケーションログ
プロダクト名、バージョン、開始時刻、終了時刻、アクティブ時間、アプリケーション名を記録。
FTPログ
接続先アドレス、接続先ポート、接続元アドレス、接続元ポート、FTPコマンド、FTPコマンドデータなどを記録。
イベントログ
Windowsイベントログを取得します。ログインの失敗、フォルダアクセスの失敗、サーバーOSの各種設定変更などの記録が可能。
ファイルログ
ローカルドライブ・ネットワークドライブ・リムーバブルドライブなどへの新規作成、コピー、名前変更、削除などのファイル操作を記録。コマンドプロンプトでの操作ログも取得可能。外部デバイスの着脱の記録。コマンドプロンプトでの操作ログ、外部デバイスの着脱の記録、ファイルサイズも取得可能。
ウィンドウログ
アクティブなウィンドウのタイトルを記録。開始時刻、終了時刻、アクティブ時間も取得可能。
Webメールログ
「Gmail」「Office 365」に対応し、件名、送信時刻、TO、CC、BCC、本文などを記録。
プリンターログ
ドキュメント名、プリンター名、取得時刻、ページ数、アプリケーション名、印刷ファイルパスなどを記録。
スクリーンショットログ
定期間隔(60秒~8時間)、Printキー押下時、特定のWebサイト閲覧時やファイルのアップロード時など柔軟な条件下での画面イメージを記録。
インベントリーログ
コンピューターのハードウェア情報やソフトウェア情報などを記録します。

ログ取得機能の詳細はこちら

MylogStar 構成イメージ

システム構成の詳細はこちら