こんな疑問を
お持ちでないでしょうか。

  • なぜログ管理が必要なのか?
  • もっとよい管理方法はないのだろうか?
  • 今のログ管理ソフトで大丈夫なんだろうか?

「ログ管理って何?」という方から、さらに活用したい方まで
当ページではログ管理をわかりやすく解説しています。

ログ管理の基本

「ログ」って何のこと?という方や、ログ管理ソフトのメリットを知りたい方へ、「ログ管理」がなぜ必要で、どんな役に立つのかを、わかりやすくご説明します。

ログとはそもそも何か?

ログとは、コンピュータの利用状況やデータ通信など履歴や情報の記録を取る事です。例えば皆さんがパソコンを使うと、どんなソフトを使ったのか、どのファイルを開いたのかなどの情報がパソコン上に記録されます。また、インターネットを使ってWebサイトを見た際にも、何月何日にどのページを見たのかというような記録が残ります。さらに、特別なシステムを使えば、より詳しい情報を収集することができます。こうして集められたパソコンの使用履歴を「ログ」と呼びます。ログには非常に多くの情報が含まれており、詳しく調べれば、誰が、いつ、パソコン上でどんな作業をしていたのかということがわかるようになっています。

何故ログ管理が必要なのか?

会社や学校など、何人ものユーザーがパソコンを使うような環境の場合、ログの量は膨大なものとなります。たとえば、ある日時にあるユーザーが特定のファイルを使用したかどうか調べたい場合、全部のログを調べることは非常な手間となります。これを補助するのがログ管理ソフトです。ログを調べることによって、いつ、誰が、どんな作業をしたのかを正確に把握できますので、不正な使い方の防止や、問題が発生したときの原因の特定を行うことができます。

ログ管理で何ができるのか?

ログ管理ソフトはパソコンに標準で備わっているログ収集のほかに、さらに詳しい情報の収集を集めることを可能にします。また、集めたデータを分析し、管理者がわかりやすいようにレポート表示します。さらに、補助的な機能として、収集したログの圧縮、リアルタイムにログを監視するモニタリング機能、ログの不正な改ざんを防ぐ機能など、管理者が必要とする様々な機能を提供します。

ログ収集

ログ分析

レポーティング

ログの圧縮

モニタリング

改ざん防止

どのような効果が得られるのか?

インターネットやUSBメモリなどを介した個人情報漏えいの防止は、企業や組織が最大限に力を注ぐべき課題です。ログ管理を行うことによって、これらのリスクを未然に防ぐことが可能になります。また、万が一情報漏えいが発生した場合でも、ログを調べることにより原因の究明や拡散の防止がすばやく行えます。ログ管理システムを導入するだけで、業務と関係の無い用途でパソコンを使うユーザーが減り、業務の効率化とコスト削減といった抑止効果も期待できるでしょう。

まとめ

  • ログ管理をする目的をまずは整理しましょう
  • ログ管理することによって何が把握できるかを知りましょう
  • ログ管理によりどんな効果が得られるかを把握しましょう

ログ管理、あなたはどっち派?
サーバーアクセスログ管理 or クライアント操作ログ管理

情報漏えい対策としてログ管理システムの導入を検討する際、システムの規模や運用法によって「サーバーアクセスログ管理」と「クライアント操作ログ管理」のどちらを選択するのかを考える必要があります。それぞれ得意とする分野と苦手な部分がありますので、こちらの情報を参考に、お客様の環境にあった操作ログ管理法を見つけてください。

サーバアクセスログ管理

ユーザーが利用するファイルサーバー側でログを取得して管理する方法。サーバとPC間のやりとりをログとして取得可能です。

メリット

  • ユーザーがファイルサーバーの共有フォルダーで行った操作ログを取得出来ます
  • サーバーのみを管理すれば良いため、導入/運用が比較的容易です

デメリット

  • ユーザーのすべての行動のログを取得することは出来ません

クライアント操作ログ管理

ユーザーが操作するクライアントPC側でログを取得して管理する方法。PCを介して行われた全ての行動をログとして取得できる

メリット

  • クライアントPCで行ったすべての操作ログを取得するため、行動把握が正確。
  • 従業員のPCの利用実態を把握したいときに詳細な把握ができるためサーバーアクセスログよりもより深く把握できる

デメリット

  • 初期導入時、各クライアントPCに監視Agentをインストールする必要がある

ログ管理で情報セキュリティ予防!
業務効率を下げない情報セキュリティ対策

情報漏えい対策としてログ管理システムの導入を検討する際、システムの規模や運用法によって「サーバーアクセスログ管理」と「クライアント操作ログ管理」のどちらを選択するのかを考える必要があります。それぞれ得意とする分野と苦手な部分がありますので、こちらの情報を参考に、お客様の環境にあった操作ログ管理法を見つけてください。

クライアント操作ログの収集・管理ソフトウェア
MylogStar (マイログスター )

MylogStarは、情報漏えい対策、および、万が一情報漏えいが発生した際の原因究明や拡散防止に有効なクライアント操作ログ管理専用ソフトウェアとして2008年の販売開始以来、高いログ収集能力が評価され、数多くの企業・団体にご導入いただいております。

MylogStar ラインナップ

1台のスタンドアロンPCからクライアント30,000台のエンタープライズシステムまで、規模やコストに合わせた様々なラインナップでログ管理をサポートします。

スタンドアロン型
監視対象マシンにインストールするため管理サーバーは不要

Mylogstar
30間無料トライアル

  • 業界トップクラスの操作ログ収集力を体験
  • シリーズの最新トライアルを全ラインナップ提供
  • トライアル版から製品版として継続利用が可能(希望企業様のみ)

MylogStar Enterprise (マイログスター エンタープライズ)

監視対象の記録を管理サーバーで一元管理
物理 / VDI / SBCすべての環境に対応、最大3万クライアントまで管理可能。

MylogStar Enterprise の詳細

MylogStar FileServer (マイログスター ファイルサーバー)

監視対象のServerOSへのスタンドアロン管理(管理サーバーレスで導入/運用が可能)
ファイルサーバーの共有フォルダのファイル操作を記録、ファイルサーバーアクセスログ管理を実現

MylogStar FileServer の詳細

MylogStar Desktop (マイログスター デスクトップ)

監視対象のClientOSへのスタンドアロン管理(管理サーバーレスで導入/運用が可能)
PC1台からの操作ログ管理。ネットワークのない物理環境でもログ管理を実現

MylogStar Desktop の詳細

ご不明点など
ぜひお問い合わせください!