【 導入事例 】 NEXCO中日本様:Citrix XenDesktop と物理PC約6,500クライアントの操作ログ一元管理!

Citrix XenDesktop と物理PC約6,500クライアントの混在環境における
操作ログの一元管理を実現

安全性向上をスローガンに掲げるNEXCO 中日本は、道路上の安全にとどまらず、同社が取り扱う機密データや個人情報に関しても安全な取扱いを徹底している。日本の大動脈である高速道路運営の現場における情報セキュリティ対策のためにMylogStar のログ管理が活用されている。

使用製品: MylogStar(マイログスター)

世界一の高速道路会社を目指して安全を最優先に考えた体制づくり

 東京都から滋賀県まで、中日本地域の高速道路の建設・管理・運営をおこなうNEXCO 中日本は、2012 年度から2016 年度までの5 ヵ年の経営基本方針として『安全を最優先し、安心・快適を提供する世界ーの高速道路会社をめざして』というスローガンを掲げて活動している。さらに、2013 年7 月より『安全のためにできる、すべてのことを。NEXCO 中日本』というフレーズのもと、安全性向上3 ヵ年計画を策定し、高速道路における構造物の点検・補修はもちろん、同社が取り扱う様々な機密情報・個人情報についても安全に取り扱うことを徹底しており、セキュリティ事案が起こらないような環境の構築、従業員のリテラシー向上、および万が一の問題発生時に迅速に対応できる体制を構築するために多大な投資をおこなっている。

 重要な社会インフラである高速道路のIT 運用管理の現場で利用されるMylogStarの導入の経緯と役割について、NEXCO 中日本のICT 戦略およびセキュリティを統括する業務改革推進部 情報システム・イノベーションチーム 柿木 賢一郎 氏に伺った。

続きはこちら≪MylogStar導入事例:NEXCO中日本 様≫