機能一覧

ラインナップ別 機能一覧

N: MylogStar 3 Network F: MylogStar FileServer D: MylogStar 3 Desktop

機能 N F D 機能概要
ログ取得 ユーザー セッションのログオン、ログオフを記録。
アプリケーション アプリケーションの起動と終了を記録。
ファイル ファイル操作を記録。
プリンター プリンターに印刷した情報を記録。印刷物のファイルパスも記録。
Eメール SMTP/POP3で送受信したメールを記録。
Web Webアクセスを記録。
FTP FTP操作を記録。
クリップボード クリップボードへのコピーを記録。
ウィンドウ ウィンドウタイトルを記録。
スクリーンショット Windowsの表示されている画面を記録。
TCPセッション 指定した待機ポートにアクセスした通信を記録。
イベント Windowsのイベントログを記録。
コンピューター コンピューターのパワ-オン、パワ-オフ、サスペンド突入、サスペンド復帰を記録。
Webメール (Webmail Option) Gmailの送信メールを記録。
インベントリー ハードウェア情報とソフトウェア情報の記録。
管理機能 検索機能 取得したログの検索。
トレース機能 ファイルログにおける拡散トレ-スとバックトレース。
サーバーアラート 指定した条件でのアラートタグの付与。
アラート条件に合致したログを管理者への通知メールにCSVにて添付可能。
リアルタイムアラート 設定しているポリシーに抵触した操作の内容をメールで管理者に通知する。また、利用ユーザーにもポップアップメッセージにより通知する。
レポート機能(標準機能) 検索結果をPDFとしてレポートを出力。明細、件数集計、合計の3種類を指定可能。
分析レポート 「コンピューターの利用状況」
「アラートの発生状況」
「ファイルの持ち出し状況」をユーザーが分析できる機能。
モバイル時のPC管理 ネットワークに接続されていないコンピューター上での操作ログ取得。
監視ポリシーの変更 Agentの挙動を設定するポリシーの設定と変更。
取得ログのフィルタリング設定。
バックアップ(完全・差分・トランザクションログ) データベースのバックアップの実行。
ログデータの串刺し表示機能 全ログを対象とした時系列でのログ表示。
CSV出力
(自動・手動出力)
検索結果のCSV出力。
CSV出力
(自動出力-直接変換)
データベースに格納する前に登録デ-タを直接CSVに変換して出力。
管理者の権限設定 Consoleの利用ユーザー毎による権限設定。
アプリケーションの起動制御 ポリシーで指定されたアプリケーションの起動制御。
システム日付制御 システム日付の変更禁止と変更検知。
メッセージ機能 Windowsログオン時のメッセ-ジ表示。
ポリシーのインポ-ト・エクスポート Console上でポリシー情報のインポ-ト、エクスポートを行う。
データベースアーカイブ 古い操作ログを運用データベースから移動させ、参照用データベースへ取り込むことでログを確認可能。
アーカイブデーターを復元する際に月単位だけではなく、日単位での指定が可能。
検索条件のインポート・エクスポート 検索条件を外部ファイルに出力、または入力して取り込む。
旧バージョンログビューワー MylogStar 2.5 のデータベースを閲覧できる、Managerの追加モジュールインストール。
プログラムガード 不正な機能停止からの保護。操作ログファイルにおける、削除・改ざんからのアクセス制御。
仮想環境接続情報取得 エンドポイントデバイスの接続元情報取得。
LDAP連携 Active Directoryからの組織階層取得。
パスワードロックアウト Consoleにおいてパスワードの入力に指定回数連続で失敗した場合、パスワードアタックと判断してアカウントをロックする。
パスワード定期変更強制 Consoleにおいて、一定期間ごとにパスワードの変更を強制的に実行。
リモートインストール機能 Active DirectoryからのAgent配布。
暗号化通信 MylogStar製品間の通信の暗号化。
操作ログファイル暗号化 Agent側での操作ログをAES256bitで暗号化。
Consoleログ ポリシー変更の履歴を記録する。
ステータスログ MylogStar 3 のシステム内で発生したステータス情報を記録する。
暗号化通信取得機能 WEBアクセスやその他TCP通信におけるSSL暗号化の解析。
クライアントの自動アップデート機能 管理されているAgent製品をネットワ-ク経由でアップデ-トする。
ログ回収ツール 遠隔地などのネットワークに接続されていないオフラインPCからログ回収する。
デバイス制御 CD/DVD、FDDの利用制御を行う。
アクセス制御 ファイルベースでのアクセス制御を行う。
任意のUSBストレージに対してアクセス制御を行うことも可能。
ダイレクトアーカイブ Agentから送られた操作ログをDBには登録せず、直接アーカイブデーターに変換する。(コストダウンしたいユーザー向けにSQL Expressのみで動作する製品構成)
カスタムジョブ Serverのジョブの終了後に任意のプログラムを実行する。
ログ遠隔閲覧機能 スタンドアロン製品において、遠隔でもログを確認できる。
環境・構成 Server OS のログ取得 監視対象OSにおけるWindows Serverへの対応。
Mac OS対応 監視対象OSにおけるMacへの対応。
メールサーバー対応 メールサーバー向けの専用Agent製品。(MylogStar Agent for Mail Server)
Thin Client (VDI、SBC)対応 シンクライアント環境への対応。
ログデ-タの一元管理 30,000台の大規模環境への対応。
中継サーバーの対応 大規模環境における中継サーバーの対応。(MylogStar Relay Server)

MylogStar 3 の特長と製品ラインナップの詳細はこちらをご確認下さい。

MylogStar 特長     製品ラインナップ