デバイス制御機能

Access Control Option(デバイス制御・アクセス制御)

デバイスの利用に際して、許可、禁止、読み取り専用といった細かいセキュリティポリシーをユーザー/グループごとに設定できます。また、「USBホワイトリスト」機能を使えば、USBメモリーに付与されているベンダーIDやプロダクトID、シリアルNo.をもとに、特定のデバイスにのみ利用許可も与えることも可能です。

※Access Control Option はMylogStar 3 Release3 以降のプログラムから無償で利用できる機能です。

デバイス制御 と アクセス制御

Access Ontrol Option には「デバイス制御」 と「アクセス制御」といった2種類の機能があります。

デバイス制御

デバイス制御を有効にすることでフロッピーディスクやCD/DVDドライブの利用を制限可能です。

アクセス制御

ファイルベースでのアクセス制御を行います。 任意のUSBデバイスに対してアクセス制御を行うことも可能です。

ホワイトリスト(アクセス制御)

利用許可デバイスの登録(ホワイトリスト)が可能です。 これにより例えば私物のUSBデバイスは利用できず、会社で許可したUSBデバイスのみを利用するといった運用を実現できます。
また、禁止した場合でも利用許可リストに追加することで 個別に利用許可を出すことが可能です。

アクセス制御の一次許可

一時的にUSB利用させたいときに一時的に利用を許可することが可能です。オフラインでも一時利用可能となります。