暗号化通信取得機能を強化!「MylogStar 3 Release4.1」を2015年4月17日より販売開始。

暗号化通信取得機能を強化した「MylogStar 3 Release4.1」を2015年4月17日より販売開始。更なるセキュリティ強度や運用面の向上を実現。

2015年4月17日
株式会社ラネクシー

株式会社ラネクシー(代表取締役社長:竹田 昌生、以下ラネクシー)は、同社が開発したクライアント操作ログ管理ソフトウェアの最新版「MylogStar 3 Release4.1(マイログスター 3 リリース4.1)」の販売を開始します。本製品は弊社の提携代理店経由で本日2015年4月17日より受注を開始、出荷開始は2015年4月22日を予定しています。

MylogStar 3 パッケージ画像 MylogStar 3 DVD

2015年10月に個人番号の通知が開始され、2016年1月にはマイナンバー制度が施行。企業にも新しく求められる業務があります。個人番号カード等の民間利用開始に向けて、効率的な運用を実現するにはITの活用が欠かせません。総務、経理、情報システムなどの関連部門では、情報セキュリティ対策に基づいた運用体制の構築が求められております。

MylogStarは、クライアント操作ログ管理製品として、内部統制において企業に求められる監査証跡管理機能に加え、デバイス制御機能やアプリケーション起動制御などによる情報漏えい予防と、問題発生時の原因究明と拡散防止を容易にする追跡機能を提供します。
今回発表する最新リリースでは、更なるセキュリティ強度と運用面の向上を実現する為、暗号化通信取得機能におけるセキュリティ強化と改善をいたしました。これにより「SSL 3.0」の無効化や「OpenSSL」の脆弱性にいち早く対応するとともに、クライアント証明書を必要とするWebサイト参照時の制限が解除できるようになります。

ラネクシーは、今後もMylogStarの機能強化および新機能の追加を計画しており、情報化社会の企業リスク低減と、企業価値の向上をお手伝いいたします。

MylogStar 3 Release 4.1 の新機能

1. 「SSL 3.0」の無効化
2. 「OpenSSL」のバージョンアップ
3. クライアント証明書を必要とするWebサイト参照時の制限解除
4. Mac OS X 10.6、および10.7環境において動作検証を行いサポート対象として追加

※詳細はリリースノートをご確認ください。
MylogStar 3 Release4.1 リリースノート

MylogStar 3 の概要

MylogStarシリーズは、企業内のすべてのPC操作ログを取得することで、不正行為や情報漏えいの流出経路を可視化し、業務プロセスの改善に有効活用できるクライアント操作ログ管理専用ソフトウェアです。
管理対象となるクライアントPCのログオン・ログオフ、アプリケーション、ファイル操作、印刷、アクティブウィンドウなどあらゆる操作ログを記録します。OS のカーネルレベルでログを取得しているため、ほかのロギングツールでは抜け道となっているような部分でも、正確なログが取得できます。
問題発生時にはトレース機能を使い、記録を遡って調査することが可能です。特定のファイルの更新履歴や、USBメモリで持ち出されたファイルの元ファイルの特定などに役立ちます。

詳しくは製品サイトをご覧ください。

ラネクシーについて

ラネクシーは、MylogStarシリーズをはじめとする自社製品の企画・開発・販売・サポートおよび海外での販売を視野に入れたグローバルな展開を目指す「ソフトウェア・メーカー」です。
また、長年に渡り培ったパブリッシング・ノウハウにより、世界中で使われているセキュリティ・運用管理などの業務用ソフトウェアを国内ユーザーにご満足いただけるクオリティで提供する「ディストリビューター」として海外ソフトウェア・ベンダーより高い信頼を得ています。さらに、これらのソフトウェア製品の導入支援からシステムの設計・構築・保守・運用に至る幅広いサービスを提供する「ソリューション・プロバイダー」としての事業も展開しており、お客様に最適な高品質のソリューションをいち早く提供することをミッションとしています。

本件に関するお問い合わせ先

<製品に関して>
 株式会社ラネクシー 営業本部 ソフトウェアビジネス2部 MylogStarグループ
 E-mail:mls_sales@runexy.co.jp

<リリースに関して>
 株式会社ラネクシー 営業本部 セールスプロモーション部
 E-mail:mk@runexy.co.jp