【 導入事例 】 ミツカングループ様:アクティブ時間の情報活用で約6,000 万円のコストダウン実現!

アクティブ時間を活用したアプリケーションの棚卸で約6,000 万円のコストダウンを実現。

Windows 7 の全社導入に伴うOffice アプリケーションのバージョンアップに先駆けMylogStarを導入。ログ分析より得られた各ソフトウェアのアクティブ時間(実使用時間)を元に「本当に必要なライセンス数」を算出することによって、ユーザーの納得を得たうえで無駄な投資の削減に成功した。

世界でさらなる飛躍を目指すグループにおけるWindows 7 移行プロジェクトが直面した課題

 食酢をはじめ、「味ぽん®」「追いがつお®つゆ」、納豆「金のつぶ®」シリーズなどロングセラーの主力商品を持つ大手食品メーカーのミツカングループ。同社はWindows7の全社導入時に、大幅なコストダウンを実現した。その方法と、MylogStar
が担った役割について管理本部 情報システム部 システム管理課の森田 委千弘 氏に伺った。

 Windows XP のサポート終了を控えた2011 年、ミツカングループでは全社のPCをWindows 7 にリプレースすることが決定した。森田氏が移行プロジェクトリーダーとして検証作業を進める中、ひとつの悩みが生まれた。

 OS のアップグレードに伴い、Word、Excel、PowerPoint、Access などOffice アプリケーションも最新バージョンに買い替える必要が生じたのだが、使用中のライセンス数が膨大なこともあり、現在インストールされている全アプリケーションを最新版に買い替えると非常に大きなコストとなってしまうのだ。

 「Excel は全従業員が利用しているであろう。」「その他のアプリケーションは、ユーザーによってはインストールしてから一度も起動していないものもあるのでは?」ということは推測できるのだが、現在利用しているアプリケーションや、最新版の購入を希望するアプリケーションについて社内アンケートを実施しても、ユーザー心理を考慮すると信頼できる情報が得られるかはわからない。

 不要なライセンス購入に無駄なコストをかけないためには、どのアプリケーションを、誰が、どんな頻度で、どれぐらいの時間まで利用しているかを知るためのツールが必要だった。

続きはこちら≪MylogStar導入事例:ミツカングループ様≫