【 導入事例 】操作ログ管理ツールの導入で抑止力とトレーサビリティを強化。 ISMSのセキュリティ監査にも利用を

操作ログ管理ツールの導入で抑止力とトレーサビリティを強化
ISMSのセキュリティ監査にも利用を

プライバシーマークやISMSを取得し、十分なセキュリティ対策に余念がない第一航業。同社が蓄積している機密データを守るため、MylogStarを導入し、操作ログの収集とトレーサビリティシステムを構築した。これはプライバシーマークやISMSの取得にも役立っている。

使用製品: MylogStar(マイログスター)

3 次元の空間情報など利用の幅を広げる地図データ
その機密情報を守るセキュリティ対策

第一航業は、測量、GIS、設計など地図に関わる業務を得意とする企業で、1947年の創立以来、測量に軸足を置いた展開をしている。以前は、航空機から撮影した写真をつかった航空写真測量をメイン業務としてきたが、最近ではレーザーをつかった測量や高精度自動車測量などを用い、3次元の空間情報についても収集している。状況は刻々と変化し続けるため、膨大な情報量だが、常に最新データを収集し続けている。 
「第一航業が収集しているデータは、自動運転自動車をはじめ、道路管理システムや都市計画情報管理システムなどでも利用されているほか、東日本大震災以降では、住民の避難企画の策定や要支援者の安否確認などを行うシステムにも採用されています。」と語るのは、執行役員・技術副部長の秦正裕氏。
地図情報の収集や地図情報を使ったシステム開発を行う際、住民情報とリンクした情報、いわゆる個人情報については、自社内で保存しないというルールでシステムを運用してきた。とはいえ、地図情報には少なからず個人情報が含まれてしまうため、情報漏えい対策としてセキュリティを考慮したシステムを構築・運用してきた。 そのセキュリティ対策の一環として、「MylogStar(マイログスター)」による操作ログ管理システムを導入した。

続きはこちら≪MylogStar導入事例:第一航業 様≫