情報漏えい対策ソリューションセミナー <2016年9月23日開催>

連携利用 マイナンバーファインダー + MylogStar

情報漏えい対策。個人情報ファイルの管理を効率的に実現する方法に、
ご興味をお持ちの「企業経営者様」「情報システム部門様」「監査部門様」必見!

昨今、大量の個人情報等(その他カード番号、銀行口座番号など)流出事故において、これが専門的犯罪組織による悪用、国際テロ等に悪用されるリスクも指摘されており、情報漏洩によるリスク、企業に問われる責任は非常に大きくなっております。とりわけ、個人情報等を安全に管理することは企業経営者、情報システム部門、監査部門にとって重要な課題となっています。

しかしながら、従来、個人情報ファイルの管理については、各部門それぞれに異なる悩みを抱えており、これらを一気に解消することは各企業にとって、大きな課題のひとつです。

  • 監査部門の悩み(個人情報ファイルがどこにあるのか、探すのが大変)
  • 情報システム部門の悩み(情報漏洩対策をどうしたらいいか)
  • 営業・管理部門の悩み(不要な個人情報を消したい、暗号化しておきたい)

そのため、個人情報の安全管理措置については各部門でバラバラにツールを導入、解決できない問題は人的な作業に依存という、高コストかつリスクの高い状態が続いておりました。

本セミナーではこの課題を解決する為のソリューションと、もしも企業で情報漏えいがあった時にどのような対応を行うべきかをデジタルフォレンジックの観点からご紹介させて頂きます。

開催概要

日  時 2016年 9月23日(金) 14:00~16:30(受付:13:30)
会  場 関東ITソフトウェア健康保険組合
山王健保会館・会議室(山王)
住  所 〒107-0052 東京都港区赤坂2-5-6
アクセス
  • 地下鉄銀座線・南北線「溜池山王駅」下車10番出口より徒歩3分
  • 地下鉄千代田線「赤坂駅」下車2番出口より徒歩5分
  • 地下鉄銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」下車10番出口より徒歩7分
定  員 40名様 ※先着順にて承っております。
参加費用 無料
共  催 AOSグループ
株式会社ラネクシー
お申し込みURL お申し込みはこちら ※申込みフォームへリンクします

セミナープログラム

時間 セッション
13:30 受付
14:00 ~ 14:10 開会のご挨拶  
AOSデータ株式会社 代表取締役社長 春山 洋
14:10~14:40 マイナンバーの定期検査ソフト「マイナンバーファインダー」
—————–
証拠調査のフォレンジックサービスを提供するAOSグループのAOSリーガルテックが、フォレンジック技術を使って開発したマイナンバーの定期検査ツール。パソコンの中に保存されているマイナンバーなどの個人情報を検出し、暗号化したり、不要なデータを完全に消去するツールです。ごみ箱に入れて削除したファイルも検査でき、また故意に拡張子を変更して、偽装したファイルも検出することが可能です。
本セッションでは、MylogStarとマイナンバーファインダーの連携により、この悩みを一気に解消する方法ついてご紹介させていただきます。
—————–
講師:AOSリーガルテック株式会社 フォレンジック調査官 別府 亮三
14:40~14:50 休憩
14:50~15:20 改めて情報漏えい対策の基本をおさらい
IT部門が取り組むべき危機対策のポイント「操作ログ管理」

—————–
昨年の大手企業による情報漏えい事件などで、その対策を検討されている企業は多いかと思います。
ウイルス対策やアクセス制御など、多くの有効な情報漏えい対策が世の中にはありますが、情報漏えい対策にゴールはありません。更にセキュリティ対策を意識しすぎると、対策を施しすぎることにより普段の業務効率が下がるリスクも大いにあります。
そこで本セッションでは、まず抑えておきたい情報漏えい対策として「操作ログ管理」の重要性と、操作ログ収集に特化したソフトウェア「MylogStar」をご紹介します!
—————–
講師:株式会社ラネクシー 営業本部 ソフトウェアビジネス2部 尾崎 裕二
15:20 ~ 15:50 “フォレンジックサービス”のポイント
—————–
現代の企業では、日常的な活動情報の大半が電子処理されています。ひとたび企業内情報の調査が必要になると、膨大な量のデジタルデータを、法的に正しいプロセスで収集・解析する必要があります。デジタルデータはたいへん改変が容易であるため、その証拠価値を維持しつつこれを取得するためには、「保全(物理複製)」手続が必須です。その上で現データや過去データから関連情報を「復元」「抽出」「解析」します。このようにデジタルデータについてその証拠価値を失いことなく取り扱うための一連の手続を「デジタルフォレンジック」といい、専門知識とノウハウが要求されます。本セッションでは規模の大小を問わず、組織のニーズにあったフォレンジック調査のサービスをご紹介します。
—————–
講師:AOSリーガルテック株式会社 弁護士 重政 孝
15:50 ~ 16:00 質疑応答
16:00 ~ 16:30 個別商談(デモンストレーション)
16:30 閉会

お申し込み