株式会社アルファネット 様

セキュリティのスペシャリストが選んだログ管理ソリューション「MylogStar」

アルファネットは、「ITインフラ基盤構築」「通信ネットワーク工事」「人材アウトソーシングサービス」を柱に、ITインフラの構築から運用まですべてをサポートするITサポートサービスインテグレーター。セキュリティ基盤を強固にすべく、情報漏えい時のトレーサビリティを確保するツールを必要としていた。そこで、精度の高いログを取得できるツールとして、業界トップクラスのログ取得機能を備えたMylogStar(マイログスター)の導入を決めた。

使用製品: MylogStar(マイログスター)

脆弱性を残らず見つけ出す
セキュリティ診断サービスが強み

サイバー攻撃は日進月歩で進化し、日々新しい攻撃手法が開発されている。既存の対策では、それらの攻撃に対抗することが難しいのだ。
セキュリティ診断サービスを提供している企業は多く、ほとんどは診断ツールを使ってレポートを出力している。しかし、セキュリティリスクのなかには、診断ツールをすり抜けてしまう脆弱性もある。実際、セキュリティ診断で「問題がない」と診断されたシステムから、セキュリティインシデントが起きた例は少なくない。
アルファネットは、他社とは違ったアプローチで診断を行い、これまで見逃されていた脆弱性も漏らさず見つけ出すことに成功している。そのアプローチとは、スタッフに複数のセキュリティスペシャリストを抱え、実際のハッキングと同じ技術・手法を使った疑似攻撃を用いて、セキュリティ診断を行っているのだ。
「セキュリティは、当社の強みの1つです。ログ管理の必要性についても早い時期から認識し、いち早く導入していました。当初は、IT資産管理などを行う統合セキュリティソリューションのログ機能を利用していましたが、現在ではMylogStarをメインにしています」と東日本営業部・ソリューション販売課・課長の安本幸史氏は説明する。

多くの操作ログを取得するツールを求めて
MylogStarへの移行を決意

課題・解決

すでに統合セキュリティソリューションで操作ログを取得していた同社が、なぜMylogStarを導入したのか、その理由は、取得できるログの内容にあった。
「私どもは、トレーサビリティの確保、および抑止力の向上を実現するセキュリティソリューションを提供していることもあり、より多くの制度の高いログを必要としています。MylogStarは、ログ収集・管理に特化しているツールで、ファイル操作ログのほか、メールやWebのログ、印刷ログなど、非常に多くのログを取得します。まさに、私どもが求めている機能でした」と、技術本部・テクニカルクオリティマネジメントセンター・スペシャリストの布施田敏樹氏は語る。
ログ管理は、ログさえ取れればいいかというと、そうではない。ログ情報の機密性も必要だ。ログ管理製品の中には、管理者以外のユーザーがクライアントPCから取得しているログの種類を推定できたり、ログ自体の存在を確認できるものも少なくない。そうすると、悪意あるユーザーが取得しているログ項目以外の経路からの情報を抜き出す可能性も有り、そういった方法で情報漏えいが起きた場合、トレースすることができないため、証跡にはならない。これでは、情報漏えいリスクを低減することは難しい。
「その点、MylogStarで取得したログは、クライアント側からユーザーなどが確認することができない上、どういったログを取っているかということもわからない仕組みになっています」(布施田氏) ログ取得ツールを導入するのであれば、「穴」のないツールを使いたいというのは当然のニーズだ。こうした理由から、同社はMylogStarの導入を決めたのである。

勤怠システムと連携
勤務実態の把握にも寄与

東日本営業部
ソリューション販売課
課長
安本 幸史 氏

技術本部
テクニカルクオリティマネジメントセンター
スペシャリスト
布施田 敏樹 氏

同社では、すでにMylogStarの導入効果は現れているという。「以前、利用していた統合セキュリティソリューションのログ機能では、クライアントPCのログオン・ログオフのログをうまく取得することができませんでした。しかしMylogStarなら、ユーザーログできちんと取得ができているため、ログ取得の信頼性が高まりました。また、ユーザーログと稼働時間の分析レポートを勤怠システムと連携させることで、社員の勤務実態をこれまで以上に正確に把握できるようになりました」(布施田氏)。
MylogStarはファットクライアント環境だけではなく、シンクライアント環境にも対応している。そして、それぞれが混在している環境であっても一元管理ができるため、環境の移行を予定している企業などでも導入しやすい。また、統合ログ製品と連携することもできるので、企業内のすべてのログを把握し、どこにリスクがあるのかなどを管理する際にも有効利用できる。「操作ログ収集・管理」に特化しているため、ログ管理に関する多くのニーズに応えられるのだ。

ログ管理に課題のある企業に対して
導入支援サービスを展開

同社では、自社におけるMylogStarの運用を通じて多くのノウハウを蓄積してきた。そのノウハウを生かし、現在は「MylogStar導入支援サービス」を提供している。このサービスでは、導入前のコンサルティングやMylogStarのインストール、導入後の教育までを実施するという。
「導入支援サービスは、SIer様からお声掛けいただくことも増えています。実際に、運用していることや、システム構築の実績などが評価されているようです」 と安本氏。
「トレーサビリティを向上したい」、「社員のセキュリティ意識を向上させたい」、「情報漏えいを防止したい」といったニーズはあるものの、実際にどうすればいいのかわからないといった企業は多い。その解決方法のひとつとして、同社に相談してみてはいかがでしょうか。

アルファネット MylogStar導入支援サービス

MylogStar ATP( Authorized Technical Partner)のアルファネットが提供するMylogStar導入支援サービス

基本サービス サービス内容
導入コンサルティング 2 回の訪問による打ち合わせ及びパラメータシート作成
MylogStar Server インストール MylogStar Server および SQL Server のサーバ1台へのインストール
MylogStar Console のWindows OS 1node へのインストール
MylogStar Agent 新規インストール 監視対象クライアントへのMylogStar Agent インストール(5 台まで)
オプションサービス
MylogStar Relay Server インストール MylogStar Agent for Server インストール
MylogStar Agent for Virtual インストール MylogStar Agent for MailServer インストール

サービスに関する問い合わせ:株式会社アルファネット 営業本部 03-5800-4307
アルファネット MylogStar導入支援サービス詳細はこちら新しいウィンドウで開きます。

詳細資料

ご担当者様のインタビュー取材記事を掲載したPDFをダウンロードしていただけます。

お客様概要

株式会社アルファネット

  • 所在地:東京都文京区後楽1-5-3 後楽国際ビルディング
  • 設立:1999 年7 月1 日
  • 資本金:4 億円
  • 業務内容:IT インフラ基盤構築、通信ネットワーク工事、人材アウトソーシング

http://www.anet.co.jp/新しいウィンドウで開きます。