P-Pointer

P-Pointer(ピーポインター)とは?


   

P-Pointer(ピーポインター)シリーズは、PCやファイルサーバ内の、Excel、Word、Powerpoint、csv、pdf、圧縮ファイルなどのファイルの中身の情報を個人情報の特定のための辞書を使って検索し、個人情報や機密情報を含むファイルを可視化する個人情報検出ツールです。 目視確認で見落としてしまいがちなファイルの情報を簡単な操作で検索し、情報漏えいのリスクを回避します。 高速で、高度な検出機能とインストール不要なシンプルな構成、個人情報検出市場を牽引してきた業界シェアNo.1の豊富な実績を持っています。 個人情報検出ツールP-Pointerシリーズを使用して、定期的な検査を実施することで、社内の意識改善にも効果的です。

MylogStar × P-Pointer

P-Pointer(またはP-Pointer EXA)で個人情報ファイルの検出と、MylogStarによるPC操作の証跡管理の合わせ技による、個人情報ファイルのファイル操作証跡の管理を実現。※個人情報ファイルの把握とそのファイルへのアクセス等の証跡管理のトレースを実現。
※ここでは例としてP-Pointer EXAとの連携をご紹介します。

連携活用シーン

その① 不正ファイル操作へのリアルタイム検知

MylogStarのアラート条件設定で、事前にP-Pointer (またはP-Pointer EXA)で検出した個人情報ファイルの「ファイル名」「ファイルパス」に対する読み込みやコピーといった行為を通知するように設定すれば、社内の重要な個人情報データに、権限の無いユーザーがアクセスした場合に、システム管理者へアラート通知をおこなうことができます。

画面イメージ

補足:個人情報に対するポリシー設定

P-Pointer (またはP-Pointer EXA)は検出対象とするファイルを拡張子やパスで指定可能です。MylogStarもログ取得対象とする操作を拡張子やパスで指定可能なため、同じ設定をしておくことにより、漏れなくログ取得することが可能です。

その② 情報流出時の原因追究

社内の個人情報データが持ち出された場合、P-PointerとMylogStarを導入していれば、その個人情報ファイルのデータ内容と持ち出したユーザー及びその流出経路を特定できます。

【P-Pointer(またはP-Pointer EXA)とMylogStarの取得情報】

  • P-Pointer(またはP-Pointer EXA)にて個人情報ファイル情報を取得。
    ⇒ 個人情報ファイルの「ファイル名」「ファイルパス」
  • MylogStarにてファイル操作内容を取得。
    「ファイル名」「ファイルパス」「ユーザーアカウント」「流出経路」

「ファイル名」「ファイルパス」を紐づけることにより、個人情報データのファイル保管場所から、PC内での操作など、「誰が」「いつ」「どの個人情報を」「どうしたか」の一連動作を把握可能。

画面イメージ

統合ログ管理で更に簡単に

P-Pointer (またはP-Pointer EXA)とMylogStarではログの突合は出来ませんので、一元的に管理したい場合は統合ログ管理製品などとの連携をお勧めいたします。

⇒ LogStorage(ログストレージ):http://www.mylogstar.net/alliance/logstorage.html

P-Pointer に関するお問い合わせ先

株式会社レピカ P-Pointerグループ

TEL:03-5414-3611
E-Mail:info-ppointer@repica.co.jp
製品ホームページ:http://ppointer.jp/