「MylogStar 2.5」 から 「MylogStar 3」へのアップグレードについて

平素は弊社製品に格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、MylogStarの新バージョン「MylogStar 3」を2014年1月31日(金)にリリースいたしました。年間保守契約期間中のお客様は無償にてバージョンアップが行えます。バージョンアップいただくにあたり、下記をご案内致します。

●MylogStar 3/MylogStar 2.5 機能比較

●アップグレード手順

●MylogStar 2.5サポート期間について

●アップグレード作業希望のお客様へ

●アップグレードに関する注意事項

MylogStar 3/MylogStar 2.5 機能比較

MylogStar 3 強化ポイント

仮想/シンクライアント環境への対応強化

・最新プラットフォームへの対応(Citrix Xen Desktop 7.1、VMware Horizon View 5.3)

・VDIのプロビジョニング等におけるログの保全性強化・接続元端末情報の取得強化

最新Windows OSへの対応

・Windows 8.1、Windows Server 2012 R2 etc.

大規模環境への対応

・30,000ユーザまでを一括管理・大量ログの高速処理(ログの高速表示)

シンプルかつ直感的なGUI

・Webコンソールを採用・ダッシュボード表示

更なるログ精度の向上

・ファイル操作ログの精度向上・プリンターログの精度向上・電源ON/OFF、サスペンドON/OFFのログ取得・暗号化通信の取得機能

MylogStar 3/MylogStar 2.5 機能比較表

詳細は「MylogStar 3/MylogStar 2.5 機能比較表」をご確認ください

アップグレード手順書

MylogStar 2.5 → MylogStar 3 アップグレードイメージ

アップグレード
MylogStar 2.5 から MylogStar 3 へアップグレードした場合 、それぞれの MylogStar Server プログラム及び SQL Server インスタンスが並行稼働します。

MylogStar 2.5 Client において、アンインストール直前までの操作ログは、MylogStar 2.5 の運用データベースへ格納され、MylogStar 3 Agent においては、Agentプログラムのインストール後、Windowsの再起動以降のログがMylogStar 3の運用データベースへ登録されます。MylogStar 2.5 Client のアンインストールから、MylogStar 3 Agent インストール後のWindowsの再起動までの間の操作ログは取得されません。

MylogStar 3に蓄積された操作ログは、MylogStar 3 Console(Webコンソール)で閲覧します。
MylogStar 2.5に蓄積された操作ログは、MylogStar 2.5 LogViewerで閲覧します。

詳細はMylogStar 2.5 からの移行ガイドをご確認ください。

MylogStar 2.5 からの移行ガイド

MylogStar2.5サポート期間について

MylogStar 2.5 のサポート期間についてはこちらをご確認下さい。
MylogStar 2.5 / MylogStar 2.5 Desktop販売及びサポート終了のお知らせ

アップグレード作業希望のお客様へ

アップグレード作業希望お客様にはお取引きのございます販売店様、 または、下記MylogStar正規販売パートナー様へご依頼下さいますようお願い申し上げます。
MylogStar販売パートナー一覧

アップグレードに関する注意事項

制限事項

SQL Server 2005はサポートされません。MylogStar 3はSQL Server 2008以降を必要とします。SQL Server 2005をご利用のお客様には、SQL Server 2012を優待価格にてご提供いたしますので、弊社営業宛お問い合わせください。

Windows Server 2008 R2以降の64bit OSでは64bit SQL Serverが必要です。64bit OSと32bit SQL Serverの組み合わせでは、MylogStar 3 は動作しません。

MylogStar 2.5 の操作ログをMylogStar 3 形式にコンバートすることはできません。MylogStar 3 では、性能向上と必要DBサイズ縮小、ログ項目追加を目的として、操作ログ格納データベースの内部構造を一新しました。

MylogStar 2.5の操作ログをMylogStar 3 Console(Webコンソール)から閲覧することはできません。MylogStar 2.5の操作ログは、MylogStar 3 添付のMylogStar 2.5 LogViewer(MylogStar 2.5 Manager同等の管理コンソール)から閲覧いただきます。

MylogStar 2.5 の各種設定(部門設定、監視設定、アラーム設定、CSV自動出力設定、検索条件など)をMylogStar 3に移行することはできません。

ALLWatcher/MylogStar 2.0からのアップグレードはできません。

FAQ

Q1:既存のSQL Serverをそのまま利用可能か

A:SQL Server 2008 / 2008 R2 / 2012 をご利用の場合、そのままMylogStar 3 にアップグレードいただけます。SQL Server新規インスタンスの作成を行いますので、SQL Serverインストールメディアをご用意ください。なお、Windows Server 2008 R2以降の64bit OSに対しては64bit SQL Serverが必要です。

Q2:既存のMSSQLSERVERインスタンスをそのまま利用可能か

A:MylogStar 3 用に新規インスタンスの作成を強く推奨します。MylogStar 2.5 および MylogStar 3 でインスタンスを共用すると、データベースのバックアップやストレージの空き容量不足などに際して手当が複雑化し、結果として導入工数削減を上回る運用工数増となりますので、お勧めいたしません。

Q3:MylogStar 3 にアップグレードする場合のServerスペック差異(CPU・メモリ・ディスク)

A:CPU:2GHz以上(Mylog2.5/3共に) メモリ:2GB以上(Mylog2.5)4GB以上(Mylog3) ディスク:1GB以上(Mylog2.5)20GB以上(Mylog3)

Q4:MylogStar 3 にアップグレードする場合のAgentスペック差異(CPU・メモリ・ディスク)

A:CPU:1GHz以上(Mylog2.5/3共に) メモリ:1GB以上(Mylog2.5)2GB以上(Mylog3) ディスク:100MB以上(Mylog2.5)20GB以上(Mylog3)

Q5:MylogStar 2.5 の操作ログは閲覧可能か

A:MylogStar 2.5 の操作ログは、MylogStar 3 添付のMylogStar 2.5 LogViewer(MylogStar 2.5 Manager同等の管理コンソール)から閲覧いただきます。

Q6:MylogStar導入サービスを提供しているか

A:弊社提携の技術パートナー企業様よりMylogStar導入サービスをご提供しております。詳細は各パートナー企業様へ直接お問い合わせください。MylogStar販売パートナー一覧 ATP(Authorized Technical Partner)

Q7:MylogStar 2.0 以前を使用しているが、アップグレード可能か

A:まずMylogStar 2.5へアップグレードいただき、次にMylogStar 3へアップグレードいただくこととなります。

Q8:アップデート作業中に取得したログの消失やログの取得漏れが起きないか

A:サーバー側では、MylogStar 3 Serverをアップグレード手順通りに導入いただければ、ログの消失は発生しません。クライアントPC側では、MylogStar 3 Agentを上書きインストール後、再起動する間の操作ログは取得されません。通常はシステム管理者の作業時間であり、「一般ユーザーの操作ログが取得されない」には当たらないと考えます。

Q9:作業中に各クライアントPCに蓄積するログサイズは?

A:MylogStar 2.5 既定のログ取得設定の場合、3MB/日程度となります。

Q10:2.5 Client を 3 Agent にアップグレードする際に Active Directory は必須か?

A:必須ではありません。Q11を合わせて参照ください。

Q11:2.5 Client を 3 Agent にアップグレードする際に自動で可能か?

A:MylogStar 3 Agent 上書きインストールでは、引数を指定してコマンドラインでの実行をサポートしています。簡単なバッチファイルを作成いただくことで、作業工数を削減することができます。サイレントインストールや作業後自動再起動の引数もあります。

Q12:サーバーやクライアント端末は再起動が必要か?

A:Server:MylogStar 2.5 (Hub) Server アンインストール時に再起動は不要です。MylogStar 3 (Relay) Server のインストール時に再起動は不要です。Agent:MylogStar 3 Agent 上書きインストール時、再起動が必要です。

Q13:ClientやServer, Hub Server から 2.5 の未登録ログが無くなったことの確認方法は?

A:PCごとに、MylogStar 2.5の未登録ログを回収し終えたことを LogViewerのステータスログにて確認いただけます。

Q14:MylogStar 2.5 と MylogStar 3.0 の機能差異

A:MylogStar 3/MylogStar 2.5 機能比較表をご覧ください。

Q15:既存の機能はすべて使用可能ですか?

A:MylogStar 2.5の機能から下記が廃止となっております。

・ドキュメントログ。※MylogStar 3 ではファイルログにて包含します。
・Gmail以外のWebメール及びメッセンジャーログの取得機能(有償Option)
・AnalysisOption(Webレポート機能)

また、以下はMylogStar 3 の次期リビジョン以降での対応予定となっております。

・インベントリーログ
・デバイス制御(Device Control Option)
・ポーター機能(Porter)
・再フィルタリング機能
・多言語対応

サポートについて

サポートセンターのご利用方法については、「サポートセンターのご案内」をご確認ください

アップグレード申込とライセンス購入に関するお問い合わせ先

株式会社ラネクシー 第2ソフトウェア事業部 営業部/TEL:03-5337-6433
E-mail:mls_sales@runexy.co.jp