Citrix Virtual Apps/Virtual Desktopsと物理環境の操作ログを一元管理
情報セキュリティリスク対策強化を目指し金融機関に求められる確実な証跡取得を実現

中小企業のための特定保険業ほかを提供しているあんしん財団。情報セキュリティリスク対策の強化を目的に、世の中に先駆けてCitrix Virtual Apps/Virtual Desktopsを採用しているが、これに対応したログ管理製品として、ラネクシーのクライアント操作ログ管理ソフトウェア「MylogStar」も導入した。これにより、確実な証跡取得が可能になり、金融機関に求められる強固なセキュリティ対策が実現。さらには、取得したアプリケーションの操作ログからシステムの利用実態を把握し、サーバーリソースの確認に役立てるなど、さまざまな面から活用されている。

使用製品: MylogStar Enterprise

あんしん財団の導入前の課題と導入後の効果

導入前の課題

監督官庁の監督指針に準拠した対策をとるべく、情報セキュリティリスク対策の強化を目指し、Citrixのシンクライアント環境に対応した操作ログ管理製品が必要になった。

導入後の効果

確実な証跡取得が可能になったことで、情報セキュリティリスク対策の強化が実現。さらには、取得したアプリケーションの操作ログから、システムの利用実態を把握するなど、情報セキュリティリスク対策以外での活用も広がっている。

play_circle_filled 新着情報一覧へ戻る

資料請求 トライアル お問い合わせ