MylogStar 2.5

規模やコストに合わせた様々なラインナップでログ管理をサポート

収集・保存したデータは、そのままでは単なる情報でしかありません。分析することで、企業システムの現状がどうなっているのか、どの部分が脆弱なのかがわかるのです。

MylogStar 2.5 製品一覧

MylogStar 2.5

ログ管理プロセスの「収集・保存・分析」を
ワンストップで実現!
MylogStar 2.5 Light

低コストで出来るログ管理!
それが「Mylogstar 2.5 Light」
MylogStar 2.5 Desktop

ネットワークに接続されていないPCの
ログ管理の決定版!

MylogStar 2.5 機能一覧

各製品に実装されている機能は●で示しています。

機能 詳細 MylogStar 2.5 MylogStar 2.5 Light MylogStar 2.5 Desktop 備考
ログ取得 基本操作ログ
(MylogStar Client **)
 
 
   
 
 
   
 
   
   
 
   
   
   
Webmail & Messenger Option
(有償オプション)
     
     
  PCのインベントリ情報を収集します。
Mail-Server Option(有償オプション)     Notesメール、Exchangeメール等を取得します。
機能  
持ち出したファイルの記録から元ファイルを抽出します。
  蓄積したログデータを一日に一度検索して警告対象のログデータを抽出します。
   
  ログデータを分析するWebレポートです。
 
PCの監視ポリシーをManagerから変更できます。
部門データのCSV取り込み 組織情報CSVを取り込むことによって、部門を作成します。
ウィルスソフトが触ったファイル操作の記録などを除外します。
 
ログデータの串刺し表示機能 すべてのログデータを時系列順に表示します。
表示した、検索したログデータを手動にてCSV出力します。
  表示した、検索したログデータを自動でCSV出力します。
  MylogStar配布サーバー上にプログラムを仕掛けておくと、Clientが自動的にバージョンアップします。
Managerのログインユーザーに権限を設定できます。
指定したアプリケーションの起動を禁止します。
クライアントPCのシステム日付の変更を禁止します。
メッセージ機能 クライアント起動時等に任意のメッセージを出します。
    指定したデバイスへの書き込みや使用を禁止します。
Porter Option(無償オプション)   スタンドアロンPCのログデータをリムーバブルメディアなどで回収します。
設定情報出入力(XML出入力)  
環境・構成 日本語以外のOSで動作します。
Server OS のログ取得(MylogStar Client for Server OS)    
Thin Client 対応(MylogStar Client for Thin Client **)      
>仮想化対応    
ログデータの一元管理 5~10,000台※ 30~10,000台※   MylogStar Serverでログデータを一元管理します。※MylogStar Server1台当たりの管理PC数上限は3,000台。※Hub Serverを使用した場合最大10,000台
MylogStar Hub Serverの対応