MylogStarで「PCI DSS」準拠をサポート!


近年、クレジットカードを取り扱う販売業者における、クレジットカード番号等の漏えい事件や不正使用被害が増加しています。
また、カード発行を行う会社と販売業者と契約を締結する会社が別会社となる形態が増加し、これに伴ってクレジットカードを取り扱う販売業者の管理が行き届かないケースも出てきています。

こうした状況を踏まえ、2016年10月18日に「割賦販売法の一部を改正する法律案」が閣議決定されました。これにより、販売業者に対して、クレジットカード情報の適切な管理等が義務付けられることとなります。

クレジットカードを取り扱う販売業者は、安全・安心なクレジットカードの利用環境の整備に向けて、所要の措置を進めていく必要があり、クレジットカード業界のセキュリティ基準である「PCI DSS」の取得を検討される企業も多いかと思います。

操作ログ収集・管理ソフトのMylogStar(マイログスター)で、「PCI DSS」取得による企業価値(信用、ブランド)の向上はもちろんのこと、内部からの重要情報漏洩による企業リスクの低減を検討・実施される企業をサポートします。

PCI DSSとは?

「PCI DSS」は加盟店やサービスプロバイダにおいて、国際カードブランド5社(American Express、Discover、JCB、MasterCard、VISA)が共同で設立した、クレジットカード会員データを安全に取り扱う事を目的として策定された、クレジットカード業界のセキュリティ基準です。「PCI DSS」はPayment Card Industry Data Security Standardsの頭文字をとったもので、PCI SSC(Payment Card Industry Security Standards Council)によって運用、管理されています。

日本カード情報セキュリティ協議会

ラネクシーは「日本カード情報セキュリティ協議会(JCDSC)」に参画しております。

PCI DSSの概要 及び PCI DSS要件へのMylogStar対応について

「PCI DSS」は、カード会員データのセキュリティを強化し、均一なデータセキュリティ評価基準の採用をグローバルに推進するために策定されました。「PCI DSS」 はカード会員データを保護するために規定された技術面および運用面の要件のベースラインとして利用できます。「PCI DSS」 は加盟店、プロセサー、アクワイアラー、発行者、サービスプロバイダのほか、カード会員データ(CHD)や機密認証データ(SAD)を保存、処理、または送信するその他の事業体などの、ペイメントカードの処理を行うすべての事業体に適用されます。「PCI DSS」には12 の要件があります。

MylogStar はPCI DSS要件の「10. ネットワークリソースおよびカード会員データへのすべてのアクセスを追跡および監視する」において、操作ログ収集・管理により要件を満たすためのサポートを行ないます。

PCI DSS 12の要件

要件10への対応として、MylogStarを活用する

セキュリティを強化するため、詳細なユーザー証跡管理をおこなうにはクライアントの操作ログが必要です。MylogStar は物理環境・シンクライアント環境にかかわらず、精度の高いログ収集力でPC操作ログなどを取得できます。また、取得したPC操作ログは直感的な管理画面で効率的に管理・活用ができるのです。MylogStarを導入していれば、何か不具合が発生した場合に徹底的な追跡、警告、および分析が可能になります。

お問い合わせ

PCI DSS要件へのMylogStar対応の詳細についてはこちらよりお申し込みください。

お問い合わせ