サーバーOSにも対応! MylogStarでファイルサーバーへのアクセスログも取得

サーバーOS専用エージェント MylogStar Agent for Server


MylogStarにはクライアントPC用のエージェントの他に、サーバーOS用のエージェントもあります。
サーバーOS上のログ管理をおこないたい場合は、こちらのエージェントで取得可能となります。
例えばファイルサーバへのアクセスログ取得について、クライアント側のログ取得に加え、サーバー側での取得を行うことにより、確実な証跡管理を実現できるのです!

MylogStar構成イメージ

サーバーアクセスログ管理イメージ

クライアント及びサーバーでのログ取得についての特長

クライアント及びサーバーの両方でログ管理を実施した場合のメリット

クライアントPC(端末)からのファイルサーバーへのアクセス及び操作をクライアントPCのファイル操作 ログとして取得することにより、ファイルサーバーから持ち出したファイルのその後の動きが把握できる。

              

ファイルサーバー上で直接行ったファイル操作のみならず、インターネットや印刷のログなどファイルサーバー上で行ったすべてのログを取得することが可能。

クライアント及びサーバーのどちらか片方でしかログ管理を実施した場合のデメリット

仮にクライアントまたはサーバーのどちらかのみで、ファイルサーバのアクセス管理をおこなう場合は下記のような”注意点”がございます。

    クライアントPC(端末)のみでファイルサーバー上での操作ログを取得する場合(MylogStar Agent )

    クライアントPC(端末)からのファイルサーバーへのアクセス及び操作をクライアントPCのファイル操作ログとして取得することにより、ファイルサーバーから持ち出したファイルのその後の動きが把握できますが、ファイルサーバー上で直接行った操作の把握はできません。

    ファイルサーバーのみでファイルサーバ上での操作ログを取得する場合
    (MylogStar Agent for Server)

    前述の通り、クライアントPC(端末)からのファイルサーバーへのアクセス及び操作をファイルサーバの操作ログとして取得することは可能ですが、ファイルサーバーから持ち出したファイルのその後の動きの把握はできません。

MylogStar 3 でServerOS×1台に導入する場合の構成

MylogStar 3 Server non SQL @480,000 480,000
MylogStar 3 Agent for Server OS @98,000×1 98,000
MylogStar 3 Server non SQL 年間保守 @96,000 96,000
MylogStar 3 Agent for Server OS 年間保守 @19,600×1 19,600
合計 693,600

※MylogStar 2.5 Server non SQLはMicrosoft社の SQL Server2008 Standard Edition もしくは SQL Server2012 Standard Edition が別途必要です。

まとめ

クライアント側の操作ログもサーバー側の操作ログも、MylogStarなら一元管理可能!