30,000Clientのログを1台のMylogStar Serverで一元管理!

大規模導入におけるMylogStarのシステム構成イメージ


MylogStar Server は 1Server (データベース)で 30,000Client までを一元管理することが可能です!
ここでは一例として、10,000Clientのユーザーを一元的に管理する場合の構成イメージをご紹介致します。

3,000台以上の大規模環境での構築に関しては、「MylogStar Agent」からの接続の一次受け(中継サーバ)となる「MylogStar Relay Server」を追加した構成となります。

数千台の「MylogStar Agent」から送信される操作ログを、複数の「MylogStar Relay Server」へ負荷分散します。
1 台の「MylogStar Relay Server」は、3,000台の「MylogStar Agent」を管理することができます。
「MylogStar Relay Server」は受信した操作ログデータを一時的にローカルディスクに保存しておき、指定されたタスクスケジュールに従って「MylogStar Server」へ転送します。

今回の10,000台のClient環境へ導入をおこなう場合は上記イメージのように「MylogStar Relay Server」を4台設置して、約2,500台のAgentのログを一時的に受けて、負荷分散する構成となります。

当然、10,000台のAgentへの各設定や確認・検索などは「MylogStar Server」で一元的に管理を実施出来ます。

 

≪注意事項≫

  • ※環境や設定内容により、システム構成が変わる可能性がございます。
  • ※「MylogStar Relay Server」にデータベースは必要ありません。
  • ※各種設定等は「MylogStar Server」にて一元管理可能です。

1台のMylogStar Serverで30,000Clientまでの一元管理が可能!