【導入事例】約12,000台のPCを一元管理、 AWS運用で保全性と可用性を両立 <山九株式会社様>

約12,000台のPCをMylogStarで一元管理
AWSでの運用により保全性と可用性を両立

プラントエンジニアリング、ロジスティクス、オペレーション・サポートが有機的に結合した独自のビジネスモデルをワールドワイドに展開している山九。このたび同社は、セキュリティ対策の強化の一環として、これまで個別に行っていたPC操作ログの取得・管理について、全社で統一されたポリシーのもとで実施することを検討。ラネクシーのクライアント操作ログ管理ソフトウェア「MylogStar(マイログスター)」を採用することで、国内約12,000台のPCを一元管理できるしくみを構築した。さらに、ログを集約するサーバーをAWS上で運用することで、保全性と可用性の両立を実現している。

使用製品: MylogStar(マイログスター)

山九株式会社の導入前の課題と導入後の効果

導入前の課題

情報漏えい事件・事故が社会問題となっている中、セキュリティ対策の強化の一環として、これまで個別に行っていたPC操作ログの取得・管理を、全社で統一されたポリシーのもとで実施する必要に迫られた。

導入後の効果

MylogStarの採用により、国内約12,000台のPC操作ログの一元管理が可能に。また、ログを集約するサーバーをAWS上で運用することで、保全性と可用性の両立が実現した。

山九株式会社様のMylogStar導入事例詳細はこちら