MylogStarとLogReviで実現する行動管理レポート! 

働き方改革をサポートする行動管理レポート!

昨今の相次ぐ労働基準法違反の事件を受けて、政府は「働き方改革」、「過労死等ゼロ」といった施策の検討や、「労働時間の適正な把握」に関するガイドラインの改定を行うなど、長時間労働是正の取り組みを推進しています。今後、ますます長時間労働の監視が厳しくなるなか、企業はリスクの多い違法な長時間労働を黙認、放置せずに、適宜チェックを行い、改善することが求められています。

勤怠システムなどの自己申告に基づいて労働時間を把握する場合、下記の対応が求めれています。

自己申告により把握した労働時間と、入退室記録やパソコンの使用時間等から把握した在社時間の間に著しい乖離がある場合には実態調査を実施し、所要の労働時間の補正をすること。
※「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずるべき措置に関するガイドライン(平成29年1月20日策定)」より一部を抜粋

この課題に対して、効率の良い実態調査をサポートできるよう、MylogStarとLogReviで「勤怠管理サービス」の記録と「PC操作内容」を突合して、素早く簡単に業務実態の状況(時間等)をチェックできます。

MylogStarの「PC操作ログ」と「勤務時間」をLogRevi で並べて可視化する!

MylogStarのログ情報を利用したLogreviの行動管理レポートサンプル

画像をクリックすると拡大します。

MylogStarとLogReviの連携詳細はこちら