【導入事例】エンドポイントセキュリティ製品のトップベンダーが推奨する 「MylogStar」≪富士通BSC様≫

エンドポイントセキュリティ製品のトップベンダーが推奨する
操作ログ管理ソフト「MylogStar」販売だけではなく、自社でも利用

各業種に適した業務アプリケーションの開発や、組み込みシステムの開発、各種ITサービスや汎用パッケージの開発・販売などで顧客のビジネスを支援する富士通ビー・エス・シー。展開する情報漏えい対策ソリューション「FENCEシリーズ」と合わせて「MylogStar」を販売している同社だが、ISMS認証の取得などお客様への安全なサービス提供が可能な環境を用意するため、これらを自社データセンターの運用においても活用している。

使用製品: MylogStar(マイログスター)

コンサルティングからシステム構築、運用まで
隙のない情報セキュリティソリューションも合わせて提供

 1963年というコンピューターの黎明期に設立された富士通ビー・エス・シー( 以下、富士通B S C)は、ソフトウェア開発をベースにコンサルティングからシステムの構築、運用までをトータルで提供している。変化の激しいITの世界において、豊富に蓄積されたノウハウと実績に高い技術とサービス、サポート能力を融合して、顧客のニーズにきめ細かく対応している。

 また富士通BSCでは、電子政府推奨の暗号化アルゴリズム「AES」を中核に、様々な暗号方式に対応した信頼性の高い情報漏えい対策ソリューションの「FENCE(フェンス)シリーズ」を提供している。情報を暗号化したまま閲覧・編集できる「FENCEブリーフケース」など、独自の暗号化技術により、マルチプラットフォーム間における暗号化データの流通を実現し、様々な運用シーンに柔軟に適用できる。端末からの情報漏えいはもちろん、メール送信先、業務システムなどからの情報漏えいも防止。さらに企業導入が進むスマートデバイスなど、新しいデバイスに特化した「FENCE-Mobileシリーズ」も提供している。

そして各社との協業ソリューションとして複数のシステムやサービスもラインナップ。操作ログ管理ソリューション(証跡管理強化版)としては「MylogStar(マイログスター)」が提供されており、自社でも導入・活用されている。

富士通ビー・エス・シー様 導入事例の続きはこちら