「働き方改革」をサポートするログ管理  

MylogStarでセキュリティ対策から業務改善まで 


現在、各企業で働き方改革に向けてさまざまな取り組みが行われようとしていますが、働き方改革を実現するためには、まず「いつでも」「どこでも」働ける環境を構築しなくてはなりません。一方で、そのような環境はこれまでより情報が持ち出しやすくなるため、漏洩のリスクも高くなるということを念頭に置く必要があります。また、テレワークにおける在宅勤務やサテライトオフィス勤務など、管理者から目の届かない場所での業務状況をどのように把握するかなどの課題もあります。

これらの課題解決をサポートする方法としては、クライアント操作ログによる証跡管理が効果的です。そこで働き方改革におけるIT環境におすすめの操作ログ管理ソフトウェア「MylogStar(マイログスター)」をご紹介します。

働き方改革に潜むリスクや課題

テレワークを実現するIT環境にも対応可能なクライアント操作ログ管理が必須

MylogStar(マイログスター)とは

MylogStarは物理環境・シンクライアント環境にかかわらず、業界トップクラスの精度の高い収集力で操作ログなどを取得できるソリューションです。また、取得した操作ログは直観的に使える管理画面で効率的に管理・活用ができます。

働き方改革をサポートする「MylogStar」の特長・機能

働き方改革をサポートするMylogStarのログ管理

シンクライアント環境でも精度の高い操作ログ取得を実現!

テレワークを実現するための手段として、シンクライアントを利用したインフラ環境の整備がありますが、MylogStarはVDI/SBC環境においても物理環境と同様に操作ログを取得することができます。また、接続元端末のコンピュータ名とI Pアドレスを取得し、ユーザーログに表示することが可能です。これにより従来と変わらない不正操作の抑止や有事の際の原因追究といった情報漏洩対策を実現できます。

シンクライアント環境(サーバーベース型、仮想デスクトップ型)への対応もバッチリ!

アクティブ時間とコンピュータ稼働状況レポートで業務改善!


アプリケーションログやウインドウログなど、アクティブ時間を確認することで、実際にPCを稼働させている時間を把握することが可能となります。これらの情報はアプリケーションの棚卸など、業務改善をサポートします。


コンピュータ稼働状況レポートでは電源ON/OFFやログイン/ログオフの状況を一目で確認可能な為、管理者による社員の勤務状況の把握や適切な業務分担の管理を行うためのサポートをします。

アクティブ時間の取得! 在宅勤務管理でも活用!