株式会社イン・エックス 様

必要な機能が実装されており低コストで運用負荷も少ない「MylogStar Light」でログの管理も万全に

inx

顧客情報などの個人情報を多く持つ、イン・エックス。低コストに加え、既存環境にもほぼそのまま導入でき、運用しやすいログ管理ツールとしてMylogStar Light(マイログスターライト)を選択した。セキュリティを高めることはもちろん、クライアントPCやネットワークの負荷も軽微で導入したことが気にならないと好評だ。

使用製品: MylogStar Light(マイログスターライト)

歴史ある積算システムの提供、顧客は全国の自治体や地方公共団体

イン・エックスは、土木積算システムの開発・販売のほか、各種システムソフトウェアの販売代理を行っている企業として知られている。特に公共土木工事積算システム「基(もと)」は、積算システムの中でも20年以上の歴史があり、多くの自治体・地方公共団体などで利用されている。

土木工事積算とは、材料費や労務費、経費など工事費を積み上げ全体の工事費を試算したものだ。公共事業などの予定価格と呼ばれるのは、積算した結果の価格である。実は、積算の基準は各省庁によって異なる。「基」は、国土交通省、厚生労働省、農林水産省などの公共土木工事の積算基準をサポートした上、労務単価や資財単価など、基礎単価や歩掛りデータをデータベースから検索し、引用することができる。誰もが簡単に使えるだけではなく、正確な積算を実現するシステムとして支持を獲得してきたのだ。

積算システムでは、基準の変更などにあわせて迅速にアップデートする必要がある。多くの自治体・地方公共団体でイン・エックスの積算システムが利用されている要因はそのアップデートにおいて迅速に対応できる体制を整えていることが大きな要因である。

プライバシーマークの更新時に一層の情報セキュリティ強化を

個人情報を含む多くの重要な顧客情報を取り扱う同社では、セキュリティへの意識は高い。個人情報について適切な保護措置を講じる体制を整備・推進し、プライバシーマーク付与事業者としての認定を受けている。(同社URL参照)情報管理に一層の強化を図る上で「ログ情報管理システム」の導入を決定した。セキュリティに関する問題が発生した場合、膨大なログ調査・分析し、その原因などを追跡するコストパフォーマンスの高いソリューションのソフトの選定が急務であった。イン・エックスの場合、構築期間の制限もあった。

更新まで1ヶ月足らずしか残されておらず、すぐに導入・運用できるソリューションが必要だったのだ。

「ログ管理ソリューションは市場に数多く提供されていますが、クライアントPCの負荷が軽微で、ネットワークトラフィックに影響が少ないものを探していました。時間的制約の中、インターネットで検索し、試用版があるものは順次検証していきました。その中で一番当社の要望にマッチしていたのが“MylogStar Light”でした」と、積算システム事業部・営業担当の土田泰平氏は振り返る。

構築までの期間は短いが、同社の場合、構築した後の運用まで視野に入れてソリューションを探した。その中で見つけた導入・運用しやすいログ管理ソリューションがMylogStar Lightだったのである。

導入コストを抑えつつ、運用負荷も軽微。既存環境でも運用できるMylogStar Lightに満足

ログ管理ツールといっても、大規模向けの製品が多い。必要ない機能があったり、導入コストが高くなるなど、導入の障壁が高い。MylogStar Lightは、必要な機能に絞り込んでおり、低コストで導入できる。また運用負荷も軽い。
イン・エックスは、複数のシステムが稼働している。通常、セキュリティツールを導入する場合、ネットワークやシステムの構成を変更するなど、手間がかかることが多い。しかし、MylogStarLightは、既存環境の構成をほぼ変更することなく導入できた。

「30台ほどのクライアントPCに“MylogStar Light”を導入しています。クライアントPCやサーバー、ネットワークに負荷はほとんどかかっていないですね。“MylogStar Light”を導入したことで、ログの管理も行えるようになり、安心感が高まりました」と土田氏は振り返る。同社は、ログインユーザー名や使用時間などログイン/ログオフの記録やファイル操作の記録、ドキュメント名やプリンタ名、印刷枚数など印刷の記録、アクティブなウィンドウタイトルが変化するたびに記録するアクティブウィンドウの記録、プロダクト名やアプリケーション名、実使用時間などを記録するアプリケーションの記録などを行っている。ログは日々蓄積されており、問題が生じた際の追跡も可能になった。

システム構成図

今後は、ログの活用を検討。セキュリティに加えコスト削減でも有効

「プライバシーマーク制度での更新監査がきっかけでしたが、情報漏えいの対策を実施できたという意味では、非常に価値があったと思います。現在は、MylogStar Lightで当社の要望を満たしているのですが、将来、ほかの機能が必要になった際には、MylogStarへのアップグレードも検討していきたいと考えています」と積算システム事業部・事業部長の藤永弘一氏は語る。

また、土田氏は「ログ管理ツールは大規模向けのものが多く、そこまでは求めていないというツールも多かったのですが、MylogStar Lightは、必要な機能が実装されており、そのようなギャップを埋めてくれるツールだと実感しました」と感想を語った。今後、同社は「MylogStar Light」のアプリケーションの実稼働時間を記録したログを活用して、コストの削減などにも挑戦していきたいとしている。ログは、セキュリティだけではなく、コスト削減にも必要不可欠となっている。MylogStar Lightは、攻めの経営にも欠かせないツールとしても活用できるのだ。

詳細資料

ご担当者様のインタービュー取材記事を掲載したPDFをダウンロードしていただけます。詳細資料(PDF形式/A4)(PDF:1.06MB)PDF文書を開きます。

お客様概要

株式会社イン・エックス様

inx
  • 所在地:東京都台東区上野5-24-16 KDX御徒町ビル7階
  • 設 立:1984年6月6日
  • 業 種:土木積算システム開発・販売/システムソフトウェア販売代理

URL : http://www.inx.ne.jp新しいウィンドウで開きます。