FENCEシリーズ

FENCEシリーズとは?

FENCE(フェンス)シリーズ は 富士通ビー・エス・シー が提供するセキュリティ対策ソリューションです。
多彩なラインナップで「暗号」「持ち出し制御」「認証」など情報漏えいを防ぐために必要な対策を実施できます。

FENCE-Pro(暗号)

FENCE-Proは強力なAES暗号アルゴリズムの採用により重要データを暗号化することが可能です。
ユーザの利用シーン、重要データの配置場所に応じてドライブ暗号、フォルダ・メディア暗号やメール暗号など多彩な暗号化方式で、業務上の重要データを暗号化してセキュリティを確保します。

FENCE-G(持ち出し制御)

FENCE-Gは業務レベルの役割に応じたアクセス権限を設定することができます。例えば、外付けハードディスクやCD/DVD/BD、リムーバブルディスク(USBメモリ)などの外部デバイスを使用した持ち出し等、これらを制限することで、「機密情報を持ち出させない」体制が整います。必要最低限の権限で堅牢なアクセスコントロール基盤を構築できます。

FENCE-AP(認証)

FENCE-APは本人認証としてトークン(USBキー)を使用し、PCの不正利用を防止を実現します。
たとえば、USBキーが挿入されていない状態であれば、社外でPCの盗難・紛失にあった場合や社内で離席する場合など、第三者によるPC操作を防止します。確実な本人認証でアクセス管理、監査証跡の実現を支援します。

MylogStar Desktop × FENCEシリーズ 連携概要

FENCE(フェンス)シリーズ 及び MylogStar Desktop は 管理サーバーなどの構築は不要で、監視対象にピンポイントで導入可能なエンドポイントセキュリティのソリューションです。これらのソフトを組み合わせることで、お客様の重要データへの「暗号化」「持ち出し制御」「アクセス制御(認証)」「証跡管理」など、情報漏えい対策の強化を実現できます。

MylogStar Desktop × FENCEシリーズ 連携メリット(マイナンバー対策に最適)

監視対象へピンポイントで導入可能なセキュリティ対策

MylogStar Desktop 及び FENCE(フェンス)シリーズ は 管理サーバーなどの構築は不要で、監視対象にピンポイントで導入可能なセキュリティソリューションです。 例えばマイナンバーを管理するシステムは、通常の社内ネットワークシステムとは別に、特定のPCのみが利用可能となるセキュアなシステムとして、専用ネットワークを構築するケースもあるかと思われます。
FENCE(フェンス)シリーズ 及び MylogStar Desktop は このような環境にとても有効です。必要な範囲に限定して対策が可能であり、ローコストで高品質な各セキュリティ機能をご提供します。

ワンストップでの導入支援

富士通ビー・エス・シー は MylogStar 及び FENCE(フェンス)シリーズ に関して、コンサルテーションから導入・サポートまで、ワンストップでのサービス提供が可能です。 セキュリティ対策のスペシャリストがお客様の規模や要件に合わせたご提案をさせていただきます。

富士通ビー・エス・シー マイナンバー制度対応ソリューション
http://www.fujitsu.com/jp/group/bsc/services/fence/solution01.html

FENCEシリーズに関するお問い合わせ先

担当 株式会社富士通ビー・エス・シー
所在地 〒135-8300 東京都港区台場2-3-1 トレードピアお台場
TEL 03-3474-9525
e-mail spinfo@bsc.fujitsu.com
製品ホームページ http://www.fujitsu.com/jp/group/bsc/services/fence/